医療事務を取得するなら講師が指導してくれる通学講座がおすすめ

幼児教育の現場に立つ

保育士

保育と教育の一体化に対応

幼稚園において幼児教育に携わるには、養護教諭など他の専門的な資格を持っているのでない限り、必ず幼稚園教諭の免許を持っていなければなりません。幼稚園教諭の免許は、養成課程のある大学または短大で学び、必要な単位を修めて卒業すると取得できます。一部の大学院及び専門学校にも養成課程があります。幼稚園教諭の免許には専修・一種・二種の3種類があり、それぞれ大学院卒・大学卒・短大または専門学校卒がこれに該当します。実際に教壇に立つ際にはこれらの種別に違いはなく、同じ仕事を担当します。専修及び一種は学習期間が長い分多様な知識を身につけられること、二種は若いうちから現場に出て働けること、とそれぞれにメリットがあるので、自分の考えに合った進学先を選ぶようにします。なお、保育士の資格を持っている人にあっては、養成課程を経ないでも幼稚園教諭になれる道があります。保育士としての実務経験が3年以上あれば、教員資格認定試験に合格することで免許が得られます。また、平成31年度末までの特例措置として、3年以上かつ4,320時間以上の実務経験を持つ保育士は、大学で幼児教育等に係る科目を8単位修めれば幼稚園教諭の免許が得られます。この特例は、幼稚園教諭が保育士の資格を取得する場合にも同様の措置があります。現在、少子化によって幼稚園の設置数は減少傾向にありますが、代わって保育園と幼稚園が一体化した認定こども園の数が増えています。この施設で働くには保育士と幼稚園教諭の2つの資格が必要です。そのため、どちらかの資格を持つ者が改めて学校に通い、もう1つの資格を取得すれば活躍の場を広げるのに大いに役立ちます。特例措置の場合、通信制大学で単位を修得することも可能です。